SEO対策の奥義

SEO対策に裏技とかってあるんだろうか?私に言わせてもらうと、昨今のGoogleは極めて人間的評価をするようになってきているので、コツコツと真面目にSEOに取り組むのがベストだろう。

サイトを管理・運営されている方も多いかと思います。
現在は個人や法人を問わず、様々なサイトが運営されており、それぞれが多様な情報発信を行っています。

しかしアクセスが集まらない、訪問者が増えないなど、サイト運営で悩んだことがないでしょうか?
せっかく記事を書いても読む人がいなければ意味はありません。
サイトへ訪れる人がいなければ、売り上げも伸びないし、商品のアピールもできないでしょう。
サイトにとってアクセス数を伸ばすことは最大の悩みであり、場合によっては生命線になるかと思います。

一般的なユーザーは、サイトへは検索エンジンを通じて流入します。
現在はSNSも発達していることから一定のアクセスは見込めますが、やはり検索エンジン並のアクセスはほとんど望めません。
サイト訪問者の9割以上がGoogleなどというケースも珍しくはなく、非常に重要性が高いのです。
このため、検索エンジンからのアクセスを増やすことが訪問者の増加に繋がります。
ネットショップなら売り上げアップに、企業なら商品やサービスのアピール、資料請求に繋がるでしょう。

seo対策

しかし、検索エンジンからの流入を増やすには、ページを改善しなくてはいけません。
現状アクセスが無いのであれば、何らかの対策を取らないと訪問者の増加も望めないでしょう。

このような検索エンジン向けにサイトを改良することをSEOと言います。
SEOは日本語で検索エンジン最適化と呼び、サイトのページを検索結果上位で表示するための施策がSEO対策です。
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、現在ではほぼ必須と言えるほど重要性が高くなっています。
SNSを活用してサイトへの流入を増やす方法もありますが、SEO対策では、あくまでも検索エンジンからの流入を増やすのが目的です。

※検索順位が大きく落ちたときにチェックするポイント

SEO対策では、様々な方法によってサイトへのアクセス数を増やします。
いわば検索エンジンを攻略することで、適切なSEO対策を行えば、単にサイトのアクセス数増加えるだけでなく、売り上げや成約率のアップにも繋がるのです。
対策後に売り上げが2倍以上に増えるケースもあり、年々重要度は高まっています。

これまで1日10PV程度しか無かったサイトでも、SEO対策を行えば100PVへと増加させることが不可能ではありません。
1日2日で増えるわけではありませんが、長い目で見て徐々に効果を発揮します。
今まで本腰を入れていなかった方も、一度SEO対策を考えてみてはいかがでしょうか。

SEO対策は日々変化

コンピュータやインターネットの世界や技術は日進月歩の分野です。
それまでに最新と思われていた理論や技術はあっという間に過去のものになっていきます。
これは、インターネットの検索においても同じことが言えます。

数年前に使われていた検索結果の表示と、現在の検索結果の表示は異なるということがあります。
簡単に言うなら、10年前に検索で第一位に表示されていたサイトが、同じ方法を使っていては第一位に表示はされなくなっているということです。

SEO対策と呼ばれる検索エンジンを通して、ネット上に転がっているホームページを探すことができますが、検索エンジンの目的はいつの時代も探している人にとって有益な情報を提供するという大前提は変わってはいません。
しかし、どのようなサイトを有益なサイトとするのか、またどのように有益な情報がまとまっているサイトを検索エンジンが判断するのかという部分に変化が見られています。

それと同時に、そのようなサイトを見分ける技術や定義というものが変わってきていますので、検索エンジンに良いサイトとして判断されるために必要な条件を満たしていないなら、そのHPは決して多くの人の目に留まることはないでしょう。

では、一昔前に検索エンジンはどのように優良なサイトを識別していたのでしょうか?
それは「リンクの数」というものです。
リンクとは、ある人が特定のホームページを見て良いと思ったら、自分のホームページに対象のサイトのURLなどのリンクを作成するというものです。

これによって、そのリンク部分をクリックすることで対象のサイトへジャンプすることができます。
わざわざリンクを作るくらいだから、その対象のサイトの情報は有益なものに違いないという理論に基づいて、リンクの多いサイトが有益で優良なサイトと検索エンジンでは判断していました。

確かにこの理論は間違っていません。
しかし、アフィリエイトや広告などの媒体が入ってくることによって、この理論を悪用されるようになってきました。
自分で大量のホームページやブログを作成し、そのサイトにリンクを繋げることで、大量のリンクのあるサイトを故意に作り出すようなビジネスが増えてきました。

このようなサイトであっても、リンクは存在していますので、検索エンジンは有益なサイトとして判断してしまうわけです。実際に内容がまったく伴っていないようなサイトであっても、リンクの数だけはあるので有益とみなされてしまうわけです。

最近ではこのような状況を打開するために、検索エンジンはサイトの内容に価値が本当にあるのか、リンク数だけを稼ぐためだけのものなのかをきちんと判断するようなアルゴリズムを含まれてきていますので、SEO対策ではこうした最新のアルゴリズムをきちんと含める必要性が出てきています。

ただ、今はリンクに頼らずともコンテンツを充実させることによってSEO対策は可能になってきてます。
言ってみればSEO対策は自分でできる時代に突入したということです。
Googleは意図的な外部リンクに厳しくなってきておりますので、コンテンツを作り込んで検索ユーザーにとって有益なページを作ることがとても大切になってきているのです。

SEO対策 会社 大阪」より引用

投稿日:2016年2月23日 更新日:

執筆者: