SEO対策の奥義

SEO対策に裏技とかってあるんだろうか?私に言わせてもらうと、昨今のGoogleは極めて人間的評価をするようになってきているので、コツコツと真面目にSEOに取り組むのがベストだろう。

未分類

逆SEOは検索順位を下げたい場合の有効手段

投稿日:2018年8月2日 更新日:

逆SEO業者

1.逆SEOとは?目的や手法について解説

逆SEOは通常のSEOに対する言葉で、検索順位を上げるのではなく下げる意味を持ちます。
別名リバースSEOと呼ばれるこのテクニックは、被害者を守る選択肢として選ばれたり活用されています。

ビジネス的には、自社のWebサイトやページのSEOを上げるのが得策ですが、情報拡散がネックになる場合は逆の方法が重要視されます。
個人情報の無断掲載や名誉毀損、あるいは誹謗中傷などが、上位の検索結果に出したくないものの代表です。

個人情報はプライバシーと密接に関わるので、例えば事件の被害者の情報がネットで無断公開されると、二次被害が発生して苦痛が増します。
名誉毀損も同様ですし、ネットは影響が数年から数十年単位で続きますから、被害者は想像を絶する影響を受け続けることがあります。

誹謗中傷程度の小さい問題でも、検索結果に出たり上位に現れ続ければ、問題が古くなるばかりか何度も思い出されることになるわけです。
そうならない対策の一つが、逆SEOというテクニックで有効的に効果を発揮する可能性を秘めます。

2.効果が現れれば検索順位は下り人々の記憶からも薄れる

技術的にもSEOの反対の方法を採るやり方ですし、効果が現れれば検索順位は下るので、次第に人々の記憶からも薄れることになります。
一番良いのは検索エンジンから除外してもらうことですが、現実的には難しく、訴え掛けても徒労に終わる恐れが大きいです。

司法に判断をしてもらい、削除命令に期待する選択肢もありますが、裁判では費用が発生する上に結果が出るまでに時間も掛かります。
その間に、被害に結び付く情報が分裂拡散してしまえば、根本的な解決には程遠く問題が続く事態に陥るでしょう。

仮に、結果的に検索エンジンの結果から外れることになるとしても、早い段階で逆SEOを始めておくのは合理的です。
被害の拡大防止が最大の目的ですから、状況に関わらずに早く対策を採ることが重要となります。

検索エンジンを提供する企業は、言論の自由を盾に削除を拒否したり、訴え掛けに応じない場合があります。
ネットで情報拡散による被害が発生した時は、常に望まない結果を想定して行動することが不可欠なので、検索結果を変えられ手段が現実的で有効です。

3.逆SEOの具体的な方法について

検索エンジン以外でも、情報の発信源に対して削除を申し出たり、掲載を取りやめるように依頼する方法はあります。
しかし、こういった行動が相手や状況を取り巻く人々の心に火を付けたり、却って問題が大きくなるなどのリスクも存在します。

問題の中心を叩いても、他の場所に分裂して拡散を始める、これがネットの特徴で問題を複雑化しているネックです。

逆SEOの具体的な方法としては、特定のキーワードで対象よりも検索上位に現れる、そういったページを作るやり方があります。
ただ、必然的に物量を投入する作戦が必要なので、個人で取り組んだり成果を出すのは大変です。

業者に依頼してページを作ってもらう選択肢もありますが、近年は物量投入型のSEOが難しくなっているので、コストや時間が掛かるのが欠点です。
わざとコピーページを作って該当ページの評価を下げる、これも有効性は確認されていますが、同様に物量投入型でコストの問題が生じるでしょう。

コピーページからリンクを貼るという、追加の効果的なテクニックが使えるので、やり方次第では希望に近い結果が得られます。

検索エンジンに対して、該当のページに問題があると報告するのは、低コストですが実現性の低い方法です。
運営状況に問題がないと判断されれば、変化が生じないばかりか問題解決にも至らないです。

4.実績が豊富な逆SEOを提供する業者に依頼する

該当ページと競合するページを探し、そこを持ち上げて順位を上げることで、相対的に下げたいページの順位を落とすのもテクニックです。
ところが、SEOは上げる方向となるとハードルや難易度が高まりますから、逆SEOで下げるよりも厄介で面倒となります。

どれもやろうと思えば今直ぐにでも始められますが、確実な結果が得られるかは別問題で、確実性を望むなら現実的な手段を選ぶことが不可欠です。
現実的で実現性が高いのは、特定ページの検索順位を下げる方向性で、複数の方法を組み合わせて結果を出す形です。

労力や手間を必要とするのでコストも発生しますが、被害を食い止めるのであればそれが特に現実的です。
逆SEOを提供する業者は、技術と経験に期待して結果を任せることになるので、実績が豊富な相手を選んで依頼する必要があります。

中には法スレスレのテクニックを使う業者もあるので、依頼の前にどういった方法を用いるのか、それを尋ねてから正式契約を決めるのが無難です。
正当な方法で、対象のページの評価が下げられるとしたら、ピンポイントで被害の拡大が防げる結果に繋がります。

検索エンジンへの訴え掛けを始め、裁判によるページの削除や弁護士削除は難しいので、これらに期待しても被害拡大を防ぐのは困難でしょう。
ネットではやはり、検索結果にコミットできるSEO技術を用いた対策が有用で頼りになります。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

Googleアナリティクスの効果的な活用法

無料でさまざまな恩恵が受けられる、Google社が提供するサービスの1つであるGoogleアナリティクスを活用しているというサイト運営者の方は非常に多いでしょう。 しかし、Googleアナリティクスを …

no image

どう選ぶべき?SEO対策の業者

SEO対策は業者へ依頼するのが一般的です。 しかしSEO対策業者は数え切れないほどあるため、どこに依頼すれば良いか迷ってしまうのではないでしょうか。 中には既に効果のない古いSEOを施し、高額な料金を …

no image

SEO対策の費用について

SEO対策をしていない企業は、なかなか業績を上げるのが難しい世の中になってきています。 もちろん、この方面に詳しいということであれば、自分でSEO対策をしているホームページを作成して成果を上げることも …

no image

SEO対策で受けられるメリットとは?

サイトへの流入は検索エンジンが多数を占めます。 そのため、サイトへの訪問者を増やす場合、検索エンジンを一番意識することになるでしょう。 検索エンジン経由の訪問者を増やすために、検索結果表示の上位に表示 …

no image

個人サイトもSEO対策の時代

インターネット上には様々なサイトが乱立しています。 そのほとんどは個人運営によるもので、全体の半数以上を占めています。 個人的な日記から商品の比較・レビューサイト、果てはニュースメディアまで、個人サイ …